FIND US

来場者500人越え!第6回テックヒルズ 「Let’s study Jenkins~さまざまなケーススタディ~」 が開催されました

6月18日(火)、アカデミーヒルズ49階(六本木ヒルズ内)で第6回テックヒルズ『Let’s study Jenkins~さまざまなケーススタディ~』が開催され、過去最多の500人以上もの技術者の方にご参加いただきました。今回のテーマは「ビルドやテストを行う際にミスが多発する」という属人的な課題を解決してくれる、オープンソース継続的インテグレーションツール「Jenkins」。今回のイベントではJenkinsを導入し、現在運用している企業から株式会社Aiming・黒木 慎介氏、KLab株式会社・李 承益氏、株式会社サイバーエージェント・丸山 隆司氏、株式会社東芝・山元 和子氏、株式会社ミクシィ・大塚 弘記氏&五嶋 壮晃氏、楽天株式会社・荻野 恒太郎氏、そして当社の鈴木 優一氏が、タワーホールとスカイスタジオの2会場に分かれて登壇し、Jenkinsの導入の過程とその後の課題、構築及び運用により培ったケーススタディやノウハウ、またその他Jenkinsの付加価値について語っていただきました。

今回は、初の2トラックセッションという形で2つのホールでの開催となり、終始会場内が満席状態、そして立ち見が出るほど大盛況でした。多くのお客様から「ネットで検索してもJenkinsのナレッジはあまり掲載されてないので、各会社独自の利用方法が知れてよかった」、「2つの会場の雰囲気が違い、2倍楽しめた」、「自分の作業に生かす為のヒントを得ました」、「導入検討していたので、生の事例が聞けてよかった」など、満足度の高い感想をいただきました。

近日中に、当日の登壇者レポートを公開しますので、楽しみにしていてください!