時の大神ズルヴァーンの出現により引き起こされた次元上昇─。
ラグナブレイカーが目覚めると次元塔に巨大な剣が突き刺さり、黒き月は依然と空に昇っている世界だった
多くの大切なものを失いながらも一時的だが、世界は救われたのだ。
しかし、ラグナブレイカーのそばにルナの姿は─ない。
結果的に、自分のミスで、次元塔の力を弱めてしまったことで、
月の創造主ズルヴァーンに世界を崩壊させられ、ルナまで失ってしまったことにラグナブレイカーは絶望する。


  その時ルナの最期の力、月の波動、そしてラグナブレイカー自身の力により、
新たな月の女神─蒼銀のペルセイスが目覚めた。
蒼銀のペルセイスは、
「まだ希望は残っている、それに、この世界はようやく《神》の支配 から脱することができるかもしれないのだ」
とラグナブレイカーを励ます。
地平線の向こうに太陽ののぼりはじめた新たに誕生した世界で、
希望…消えたルナをさがすため、 世界の滅亡を今度こそ、防ぐため─ラグナブレイカーの新たな冒険の幕が上がる

※パケットの通信料はお客様のご負担となります。
※一部コンテンツは有料です。