CROOZ

100億の事業を創る100人の起業家を創る

クルーズには、次世代の事業と次世代の経営者の誕生と成長、
永遠のベンチャースピードを手に入れる仕組み「CROOZ永久進化構想」があります。
「CROOZ永久進化構想」は、グループ内で起業する起業家や、外部から参画した経営者に対して、
日本一を目指したインセンティブを支給することを軸とした制度です。
すでにグループ内には次世代を担う事業と
経営者が生まれていますが、今後さらにその数が増え、
優秀な経営者が100人集まり1人100億の事業を生み出す理想に近づけるため、
経営人材を大募集しています。

CROOZ永久進化構想について

Point01

業界初の大型インセンティブ

インセンティブは経営者に株式を付与する「株式保有インセンティブ」を柱に経営人材を獲得した時、M&Aを成功させた時に支給されるインセンティブがあります。

Point02

あらゆる意思決定が行える

グループに参画する経営者とクルーズの関係は株主と経営者としての関係で、自ら起業したときのようにあらゆる意志決定を行えます。

Point03

CROOZのノウハウが使える

クルーズには100億円の現金があり、創業17年でメイン事業を6回変え、取締役の勤続年数は13年なので、資金やネットビジネスのノウハウがストックされています。グループ内の経営者はそれらの資産を使い経営ができます。

数字で見る永久進化構想

グループ社数

構想前(2017年10月)

3

現在(2018年12月)

27

※2018年12月時点

永久進化構想で生まれた取扱高(SHOPLISTとゲーム以外での取扱高)

構想前(2017年4〜9月)

3

現在(2018年4〜9月)

20

代表と役員の数

  • 構想前(2017年10月)

    11

    現在(2018年12月)

    48

    ※2018年12月時点

  • 社内から輩出した
    代表・役員数

    22

    社外から参画した
    代表・役員数

    26

    ※2018年12月時点

  • 年齢分布

    20代
    25%
    30代
    60%
    40代
    12%
    50代
    3%
  • 新たに生まれた業態

    構想前(2017年10月)

    3 業態

    現在(2018年12月)

    10 業態

    ※2018年12月時点

クルーズグループが展開する主な業態

  • EC
    CROOZ SHOPLIST、CROOZ EC Partners、CROOZ TRAVELIST
  • 広 告/メディア
    CROOZ Media Partners、Candle
  • ゲーム
    Studio Z
  • 投 資
    Sevenwoods Investment
  • その他
    YES、イズム

参画した経営者のインタビュー

ニュース

  • エレストを支えるプロモーションの原動力は「ユーザーの生の声」

  • FastgrowにCROOZ社長特命執行部インタビュー掲載!「社長特命執行部」とは?!

  • CROOZ稲垣がTV番組「田村淳のBUSINESS BASIC」出演!

求める経営者像

  • Check 01

    1兆円グループの1社として
    社会に大きな価値を残したい人

  • Check 02

    経営の意思決定は基本自分で
    かつ利益に応じて、それなりの
    リターンを求める人

  • Check 03

    使えるものは何でも使って
    とにかく事業の成功確率を
    高めたい人

  • Check 04

    100億円以上の事業規模を
    創っていきたい人

Q&A

  • Q
    応募方法とフロー、期間を教えてください
    A
    応募方法:Wantedlyご連絡ください。フロー:役員面談→COOもしくはCEO面談(決定まで最短で1週間です)
  • Q
    グループ代表に多い経歴や年齢を教えてください
    A
    経歴としては、事業経験者が多いです。事業の0→1から1→10までを経験されている方が多いです。年齢は、20代から40代まで幅広くいます。
  • Q
    やりたい事業がなければいけないですか?
    A
    やりたい事業は決まっていなくても問題ありません。参画後に一緒に考えていくことも可能です。
  • Q
    グループ参画後の本社とのやりとりは、どれぐらいありますか?
    A
    月に1回、約30分の本社役員との会議が行われます。そこでは事業が順調かどうかを確認します。本社役員と成長を加速させるためのディスカッションが行われます。
  • Q
    事業スタートまでの期間は?
    A
    最短で数週間です。平均としては1ヶ月半から2ヶ月で事業をスタートしています。
  • Q
    事業の決め方は?
    A
    すでに事業案がある場合:事業案をベースに本当にいけるかどうかを一緒に考えていく形になります。 事業案がない場合:役員とディスカッション、リサーチをした上で事業を決定していきます。
  • Q
    会社設立後のオフィスやメンバー等は、どうなっていますか?
    A
    基本、一人で独立するときと同じように、オフィスやボードメンバー、人事制度など、全て自分達で決めていただきます。当然、グループとして必要な場合はフォローをします。
  • Q
    事業が失敗したらどうなるの?
    A
    新たなチャレンジをしていただきます。それまでの準備期間は本社所属で経営企画のフォローなどもしていただきます。新規事業の準備が整い次第、再チャレンジ開始となります。
リクルート

TOP

policy